CentOS8で無料SSLに(Let’s Encrypt)

SSLの設定

# dnf install -y epel-release
# dnf install certbot python3-certbot-nginx

対話式でメアド等必要な情報を入力

# certbot --nginx

nginxのconfファイルに自動でsslの情報等が記入されるので、

nginxのconfファイルのチェック
# nginx -t
問題なければ sslの変更内容をnginxに反映
# systemctl reload nginx

あとはブラウザで確認すればOK

SSLの自動更新設定

echo "0 0,12 * * * root python3 -c 'import random; import time; time.sleep(random.random() * 3600)' && certbot renew -q" | sudo tee -a /etc/crontab > /dev/null

参考サイト:
https://qiita.com/matsuyoro/items/65fb8de2e7197e2ed472
https://certbot.eff.org/lets-encrypt/centosrhel8-nginx

CentOS8にagコマンド(the_silver_searcher)をインストール

CentOS8 silver seacher

取り急ぎCentOS8、下記でsilver searcherをインストールできた。

$ sudo dnf install https://dl.bintray.com/subchen/yum-repo/the_silver_searcher-2.1.0-1.el8.x86_64.rpm

環境

  • CentOS Linux release 8.2.2004 (Core)
  • GCP

参考サイト:
https://gist.github.com/rkaneko/988c3964a3177eb69b75

ググっても中々CentOS8では簡単にインストールする方法見つからなかったので、上記サイトがとても参考になった。