Mac Book Pro(high sierra)をつかっていて、残り容量が気になった際にみるところ

PCの容量を使っているところ横断でぱっと見る場合(コマンド使わない場合)

Cmd + Space で、「ストレージ」と検索すると、
ストレージの管理」がでるのでそれを開く。

不要なファイルを確認で、だいたい容量が大きいファイルを見つけられる。

コマンドでさくっと全体容量をチェック

まず空き容量をdfコマンドでチェック


$ df -h

a$ df -h Filesystem Size Used Avail Capacity iused ifree %iused Mounted on /dev/disk1s1 234Gi 210Gi 21Gi 92% 2517498 9223372036852258309 0% / devfs 184Ki 184Ki 0Bi 100% 638 0 100% /dev /dev/disk1s4 234Gi 2.0Gi 21Gi 9% 2 9223372036854775805 0% /private/var/vm map -hosts 0Bi 0Bi 0Bi 100% 0 0 100% /net map auto_home 0Bi 0Bi 0Bi 100% 0 0 100% /home

Capacity 92%なので、のこり8%の21Gしたない。。

どのディレクトリのどのファイルが大きいか掘り下げて探す


$ du -g -x -d 5 / | awk '$1 >= 5{print}'

パスワードを要求されるので、ログイン時に使用しているパスワードを入力する。パスワードは入力しても画面には何も表示されないので気にせず入力した後returnキーを押して実行すること。正しく実行されると、ルートから5階層下までのフォルダの容量を確認し、容量が5GB以上のフォルダがリストアップされる (出力結果の数字は各フォルダの容量 (単位:GB))。すべてがリストアップされるのには時間がかかるので、プロンプト (例:username-no-macbook:~ username$) が出て次のコマンドが入力できる状態になるまで待つこと。
#最後にリストアップされるフォルダ名が / のみの項目はファイル容量の合計値なので無視してよい

‘ 引用元 サイト: https://discussionsjapan.apple.com/docs/DOC-1081

iphoneアプリなど開発している場合

xcodeで一時ファイルや、もう使わないアーカイブファイルがのこっていてそれが
容量を結構逼迫している。
頻繁に開発していると普通に1週間で20Gとか増えている。

アーカイブファイル


$ cd ~/Library/Developer/Xcode/Archives

DerivedData


$ cd ~/Library/Developer/Xcode/DerivedData

iPhone Simulator


$ cd ~/Library/Application\ Support/iPhone\ Simulator

xcode8 swift2.3でRealmSwiftを使う際にpod installで下記エラーがでた

最近xcodeをxcode8にして、色々かわりすぎて戸惑いを隠せない、
小心者筆者です。。

いままでxcode7.3かな?で動かしていたRealm Swiftが使えなくなったのでメモ。
前提として、xcode8でswift2.3を使った場合です。

Podfileで下記のようにrealmをインストールしていたのですが


pod 'RealmSwift'

pod install するとっこのようなエラー


$ pod install /System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/2.0/usr/lib/ruby/2.0.0/universal-darwin15/rbconfig.rb:213: warning: Insecure world writable dir /Applications/Cocos/tools/ant/bin in PATH, mode 040777 Analyzing dependencies Pre-downloading: `RealmSwift` from `https://github.com/realm/realm-cocoa.git`, branch `master`, submodules `true` [!] Unable to satisfy the following requirements: - `Realm (= 2.0.2)` required by `RealmSwift (2.0.2)` None of your spec sources contain a spec satisfying the dependency: `Realm (= 2.0.2)`. You have either: * out-of-date source repos which you can update with `pod repo update`. * mistyped the name or version. * not added the source repo that hosts the Podspec to your Podfile. Note: as of CocoaPods 1.0, `pod repo update` does not happen on `pod install` by default.

で、下記で解決


pod 'Realm', :git => 'https://github.com/realm/realm-cocoa.git', :branch => 'master', :submodules => true pod 'RealmSwift', :git => 'https://github.com/realm/realm-cocoa.git', :branch => 'master', :submodules => true

はいそれだけ。っす

xcode上のソースに記載される Copyrightを変更する

// // AppDelegate.swift // hogeApp // // Created by foooooooo on 15/10/15. // Copyright © 2015 hoge corp. All rights reserved. //

xcode7.3xでソース上に自動で挿入される、会社名等のCopyrightを変更する方法。

// //  AppDelegate.swift //  hogeApp // //  Created by foooooooo on 15/10/15. //  Copyright © 2015 hoge corp. All rights reserved. //


// // AppDelegate.swift // hogeApp // // Created by foooooooo on 15/10/15. // Copyright © 2015 hoge corp. All rights reserved. //

こういうの。

変更方法

自分のプロジェクトファイルを選択↓

hogeApp

次に右のメニュに下記が表示されるので、Project DocumentsOrganizationの項目を変更!

copyright xcode
copyright xcode

参考になれば幸いです!

GameCenterのスコアボードを独自UI等で利用(swift版)

gamecenter アイコン

GameCenterのスコアボードを、swiftを使って独自UI等で利用する方法を〜〜〜φ(..)メモメモ

出来合いのスコアボードを自分のアプリデザインに合わせた形で表示したかったので、
GameCenterのスコアを取得し好きな方法で使ってみた。



var leaderboardRequest: GKLeaderboard = GKLeaderboard() leaderboardRequest.playerScope = .Global leaderboardRequest.timeScope = .Today leaderboardRequest.identifier = "itunes connectで指定したleaderboardID" leaderboardRequest.range = NSMakeRange(1, 10) // Request leaderboardRequest.loadScoresWithCompletionHandler{ (scores, error) -> Void in if error != nil { println("Error \(error))") } else if scores != nil { println("leaderboards \(scores)") // scoresという情報に配列で格納されている } }

scoresは、GKScoreという型で配列で入っているので、
TableViewのデータとして使う事も柔軟に対応できました!

デバッグログを確認すればわかりますが、


println("\(scores.player.alias)") // プレイヤー名 println("\(scores.value)") // スコア

上記のように、プレイヤーの名前や、スコアを取得できます。

参考にさせて頂いたサイト

http://iorisomo.hatenablog.com/entry/2014/04/09/193007

http://stackoverflow.com/questions/28519503/gkleaderboard-localplayerscore-returns-nil-on-ios-8-1-3

http://qiita.com/moco3/items/d9c2a8956d4377bad264

storyboard等で利用しているラベルのフォントを一括で変更(swift版)

swift フォント一括指定

swiftのコードで、ラベルのフォントを一括で変更

AppDelegate.swift


〜省略〜 @UIApplicationMain class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate { var window: UIWindow? func application(application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [NSObject: AnyObject]?) -> Bool { // Override point for customization after application launch. // 一括でLabelのフォントを変更 UILabel.appearance().font = UIFont(name: "Helvetica Bold Oblique", size: 18.0) 〜省略〜

もちろん UILabel以外も可能!

また、”Helvetica Bold Oblique” みたいに、

コードから呼び出す際に指定するフォント名の確認は下記で可能です!

iphoneアプリをappstoreに申請する際に、launchImage周りでエラーがでる場合

iphoneアプリをappstoreに申請する際に、launchImage周りでエラーがでる場合に、
エラーがでる事がある。

xcodeのバージョンは、xcode7.2.1

xcodeのLaunchImageは、レイアウトファイルをちゃんと指定しているのなになぜか、、
色々調べたところ。

通常は画像ファイルか、storyboardファイルの指定の必要があるが、
昔に作ったアプリなので、storyboardの拡張子ではなく、xibファイルの指定だったからのようでした。

xcode

LaunchScreen.xib → LaunchScreen.storyboard

これをxibからstoryboardで作り直しして指定したら、
無事解決!!!
同じようなシチュエーションの人で、参考なれば嬉しいです!

objective-c(objC) xcodeでAnalyzeした際の解析メッセージ翻訳メモ

コピペができなくて面倒だったので、翻訳しただけのものをメモ

value stored to 'cell' during its initialization is never read
その初期化処理中に"セル"に格納された値が読み取られることはありません
incorrect decrement of the reference count of an object that is not owned at this point by the caller

呼び出し側で、この時点で所有されていないオブジェクトの参照カウントのデクリメント誤っ