CentOS6.5にvagrantをインストールしsshまで汗

1. VirtualBox インストール

# cd /etc/yum.repos.d/
# wget http://download.virtualbox.org/virtualbox/rpm/rhel/virtualbox.repo
# yum list | grep VirtualBox
# yum install VirtualBox-4.3

2. Vagrantつっ込む

# rpm -Uvh http://files.vagrantup.com/packages/a40522f5fabccb9ddabad03d836e120ff5d14093/vagrant_1.3.5_x86_64.rpm

3. Vagrant box の追加

# vagrant box add centos http://developer.nrel.gov/downloads/vagrant-boxes/CentOS-6.5-i386-v20140504.box

4. VMの格納先とVagrantfileの作成

# mkdir centos6.5_VM
# cd centos6.5_VM
# vagrant init centos

5. vagrant upで仮想環境(VM)を構築

# cd centos6.5_VM
# vagrant up

僕の場合、conohaの格安VPSをつかっていたため、起動のタイムアウト上限をこえて起動できなかったので、

# vim Vagrantfile 

で、

 12   # Every Vagrant virtual environment requires a box to build off of.
 13   config.vm.box = "centos"
 14 
 15   # ここ追加
 16   config.vm.boot_timeout = 3600

config.vm.boot_timeout = 3600 を追記し、
途中でこけないようにしました。

6. 仮想環境(VM)へのsshアクセス

ssh アクセス

# vagrant ssh

VMの停止

# vagrant halt

VMの破棄

# vagrant destroy

以上!参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください