MySQLを停止できないし、起動もできなくなった時のメモ

いきなり、MySQLを停止できないし、起動もできなくなった時のメモ

“SQLSTATE[HY000] [1040] Too many connections”

というエラーがでて調べてみた。


mysql> show full processlist;

するとmysqlのプロセスが大量に残っている。

max clientsの上限まで立っているエラーでした。

この方法はmysqlというよりは単にプロセスを殺して解決した際のメモなので、
参考程度でお願いします(^_^;)


# service mysqld stop mysqld を停止中: [ OK ]

となるが実際はまだ起動中


# /etc/init.d/mysqld status mysqld (pid 20022) を実行中...

いくたstopコマンドをうってもダメ。


# service mysqld start

では失敗となる。

CentOS6.5のプロセスを確認すると

# ps -xaf | grep mysql

mysqldプロセスが残っている。

思い切って、プロセスを削除


# kill 対象プロセスid

これでも消えない。

もういいやと思い、強制的にプロセス削除


# kill -9 対象プロセスID

さすがに停止した。

で、
service mysqld start

すると、、また失敗。

で、サーバーの容量を疑いました。
最近容量いっぱいで、不要ファイル削除したばっかだよな。。とおもいつつ、
確認してみるとまた、、、


# df -h

100%使いきってました。。汗

不要なファイルを削除して、

再度


# service mysqld start

成功しました!・・・あああ
とてつもなく初歩的

参考にさせて頂いたサイト
http://beyondjapan.com/blog/2016/03/mysql-stop-start-issues

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください