Laravel デバッグTIPS


php側

web画面で、dump($arr)で配列やオブジェクトの中身をチェックする

dump($obj);

web画面でデバッグ表示できない場合はlogファイルに出力

Log::debug(__FILE__ . __LINE__ . $str);

storage/log/〜に出力される。

頭にスラッシュをつけると、use LogしなくてOKっぽい

use Log;
↓
\Log::info();
// ログに配列を展開して吐き出す
Log::debug(print_r($arr, true));

// オブジェクトも可能
Log::debug(print_r($object, true));

view上(blade)でデバッグ

{{dd($arr)}}

SQLの確認

$sql = DB::table('users')
            ->where('status', '<>', 1)
            ->toSql();
var_dump($sql);

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください