Kinect等で作成したBVHファイルを圧縮簡易化する方法

Kinect等で、モーションデータBVHをblenderにインポートすると、データが膨大になってしまう。
またその原因は1フレーム単位でモーションデータが入っているため。
指等の動きをあわせるとデータどんどん膨大になっていく。
なのでそのための対処。

  1. Blenderで、BVHファイルをインポートする。

  2. 取り込んだアニメーションを確認し、「dope sheet」とgraph editor」で圧縮前のデータ量を確認。

  3. こちらのサイトを参考にsimply curveというモーションデータを圧縮簡易化するツールを使う。
    http://silverspirecg.blog119.fc2.com/blog-entry-75.html

    ありがとうございます!!m(_ _)m

圧縮率を指定し、問題ないレベルまでアニメーションを簡易するする。
個人的にはerror:0.8とかで、いい感じで簡易された。

  1. あとは、「dope sheet」と「graph editor 」を使って実作業!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください