cocos2d-x(c++) 色(Color3B等)を定数の配列でカラースキーム化

cocos2d-xで、色のパターン等用意する時、
配列で定数化しておくと便利なのでメモ

宣言


// Color3Bの型で3色用意 static const std::vector<Color3B> COLOR_LIST = { Color3B(255,0,0), //赤 Color3B(0,255,0), //緑 Color3B(0,0,255) // 青 };

呼び出し


COLOR_LIST.at(0); // 赤 COLOR_LIST.at(1); // 緑 COLOR_LIST.at(2); // 青

もちろん、Color4Bでも同じ要領

ちなみに赤を出したいだけなら、、、


Color3B::RED

とするだけなので、この記事はそういう趣旨じゃない。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください