Unityで、#UNITY_IOS等の、エディタ上とプラットフォームの判定を勘違いしてた

Unityで、よくAndroidや、iOSの条件分岐かく 「#if UNITY_IOS」等の分岐ですが、

勘違いして使っていました。


#if UNITY_ANDROID Debug.Log("androidだよー"); #elif UNITY_IOS Debug.Log("iosだよー"); #else Debug.Log("unityエディタ含むよー"); #endif

を、Unity上のswitch platformで 『iOS』にしていて、
Unity上で実行したら。。


unityエディタ含むよー

となるとおもっていた。。。汗

違かった。。。

実際は、


iosだよー

と、なった

ほんまアホやった。。


#if UNITY_EDITOR Debug.Log("Unityエディタで実行中だよー"); #elif UNITY_ANDROID Debug.Log("androidだよー"); #elif UNITY_IOS Debug.Log("iosだよー"); #else Debug.Log("その他だよー"); #endif

#if UNITY_EDITOR

これがしたかったやつや。。

さっきのはあくまでswitch platformで指定しているiOSの条件にものでした。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください